Shanghai Tattoo LogoSHANGHAI TATTOO STUDIO BOOBIES:

SANITATION

衛生面について

施術で使用した、「チューブ」「針」「インク」「インクキャップ」「手袋」等は、完全に使い捨てとなっており、針は滅菌処理後、医療用産業廃棄物として処理します。

チューブなどの使い捨てではない器具に関しては、使用後に洗浄器具専用の洗剤を使用し、目に見える汚れやインクを落とします。次に、目に見えない汚れ、手洗いでは落ちなかった汚れを、熱と超音波で洗浄する超音波温熱洗浄器で完全に汚れを落とします。

次に、オートクレーブという医療現場でも使用されている高温高圧滅菌器を使用します。まず、超音波温熱洗浄器で洗浄したチューブや器具を滅菌パウチという保管袋に入れ封、そしてオートクレーブに入れます。オートクレーブでは、高圧をかけ、菌を完全に滅菌できる温度(121℃~132℃)でチューブや器具を滅菌処理します。

完全に滅菌できたことを確認できるように、滅菌パウチには高温高圧をかける事によって茶色に変色する矢印がプリントされており、矢印を確認する事によって滅菌処理されている事を証明してくれます。滅菌処理後は、滅菌パウチ内は完全に無菌状態になり、次に使用されるまで無菌状態で保管されます。

また、スタジオ内を清潔に保つために、店内の徹底した清掃、空気中の細菌を殺菌する為の噴霧器の導入、アーティスト・スタッフの徹底した手洗い等、万全の衛生管理に努めています。尚、こういった機器を使用したり清掃を行うアーティスト・スタッフは衛生管理について様々な教育を受け、アーティスト・スタッフ同士で衛生管理についてのミーティングや情報交換等を行い、1人1人が高い意識を持って取り組んでおります。

機器の説明

超音波によって目に見えない汚れまで落とす機械。専用の洗剤を使用して、一定の温度を保ちながら洗浄します。目に見えない汚れまで、完全に落とします。

高温と高圧によって滅菌する機器。超音波洗浄器で洗浄した器具を1つ1つ滅菌パウチでパックし、高温高圧滅菌器(オートクレーブ)にかけます。132℃で 20分、WHO(世界保健機関)では、121℃で20分滅菌することで、HIV(エイズ)ウイルスに対して滅菌効果が発揮されると言われています。

月に1回、高温高圧滅菌器が確実に滅菌処理が行われているか専門の機関に依頼、審査を受けています。

使い捨てできない器具、チューブやカスタム後のニードル(針)を保管しておくパック。滅菌パックに入れた後、高温高圧滅菌器にかけると、表面にプリントされた矢印が茶色に変色し、滅菌処理されていることを証明してくれます。滅菌パックの中は完全に滅菌状態となり、そのまま滅菌状態で保管されます。

手洗い時、石鹸・水洗いでは落としきれない細菌を手洗後、消毒スプレーを手に吹きかけ、手・指先の殺菌消毒を行います。

超音波加湿器に除菌・殺菌効果のある専用の液体を水と一緒に超音波加湿器の中に入れます。超音波加湿器によって除菌・殺菌効果のある液体がミクロの霧で空気中の細菌を殺菌してくれます。